ストリートアカデミーでExcelのセミナーを受講

  • 2015年3月24日
  • 2018年7月31日
  • IT
IT

ストリートアカデミーとは

何かのスキルを持っていて勉強会を開きたい人と何かのスキルを学びたい人を繋げるサービスを提供していて、設立してから3年弱の若い会社が運営しています。

 

ストアカ

 

勉強会やセミナーを主催したり探せたりするWEBサービスは他にもあるようなのですが、IT・WEB分野のみのものが多いようです。

 

その点ストリートアカデミーはスポーツ、投資、アートや料理など学べる分野も多岐に渡っています。

 

また教えたいスキルがあれば誰でも(審査はあるようですが。)先生になれます。

 

登録は無料、売り上げに対して手数料が引かれる成果課金型のシステムを取っています。

 

学ぶ側はクレジットカードで決済し、講座によって様々ですが数千円程度で受けれるようです。

 

少し残念な点は、こういったサービス全般に言えるのかもしれませんが、ほとんどの勉強会・セミナーが東京中心で行われておりまだまだ関西での開催数が少ないというところです。

受けたのは熊野整さんのExcelセミナー

モルガンスタンレー証券投資銀行本部で働かれ、現在はインターネット企業の事業マネージャーしながら個人向けのExcelセミナーや企業研修を行われている熊野整さんのセミナーを受講しました。

 

受講したのは「Excelで学ぶビジネスシミュレーション」という講座で、まずは見やすいExcelをテーマに投資銀行の表の作り方から教えてもらいました。

 

投資銀行は会社でExcelの表を作る際にフォーマットがルールで決まっているそうで、誰が見てもわかりやすく理解ができることをポイントにしているそうです。

 

社内ルールから少しでも外れた資料を作るとダメ出しが入り、作り直さなければいけないとのこと。

 

勤めていた時は人によって資料の作り方が全く違うし、ふりかえると自分で資料を作る際も統一感がなかったなと思いました。

 

そこまで見る人のことを考えてExcel作っているのかと驚きました。

 

表の作り方を一通り習った後に、投資銀行がExcelを使ってシミュレーションをどのように行っているかも教えてもらいました。

 

来期の予測や納税シミュレーションなどExcelを使って資料を作成する機会も多いのですが、今後の仕事に活かせる内容だったと思います。

 

少し前に熊野さんの書籍が出版されていたので、すぐ購入しました。

 

 

内容はセミナーで話されていたこととほぼ同じものとなっています。

 

大阪ではあまりセミナーの機会もないので、興味のある方は書籍を買われてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
広告