先払い?後払い?フリーランスこそ報酬のもらい方にこだわろう

どんな商売でも商品やサービスの提供をしたあとに、お金を支払ってもらわないとその仕事は終わりではありません。

 

フリーランスこそ報酬のもらい方にこだわって、回収できない売り上げが発生しないように気を付けるべきだと考えています。

 

業種によっては難しいとは思いますが、先払い・前払いでもらうのがおススメです。

独立当初はなんとなく後払い

独立したてのときは特になにも考えず後払いで報酬をもらっていました。

 

勤めていたところが後払いだったことも関係していると思います。

 

また報酬は仕事が完了してからもらうものだと思い込んでいたせいもあるかと。

 

7月の仕事が完了したから、8月にお金を払ってもらうのが当たり前だと思っていました。

 

お客さんとしても後払いのほうが支払いに抵抗がないだろうと。

 

 

その後先払いに

独立2年目に月10万を超える報酬の契約が取れたのですが、先方の資金繰りに問題があり3ヶ月後に倒産の手続きに入ることに。

 

後払いにしていた報酬の支払いがうやむやになり、初めて回収ができない案件に直面しました。

 

一応債権者の一人にはなりますが、金融機関から億単位の借り入れが残っていたので全額未回収のままお客様は倒産が決定。

 

この時から、報酬を先払いでいただくことに変更しました。

 

契約時から、報酬の支払時期について説明すると意外と嫌がられることがなく最初から先払いにしておけばよかったと後悔しています。

 

すでにお付き合いしているお客様との契約は、変更するのは難しいかもしれません。

 

ただフリーランスのいいところは思い立てばすぐ変更できるところですので、次のお客様から先払いに変更すればいいかと思います。

 

 

広告

 

メニューによっては前払いも導入

顧問契約を結ばない単発のメニューを増やしたこともあり、仕事を始める前に報酬をもらう前払いも導入しました。

 

仕事が完了したあとに報酬を支払わない方が一定数いて、資金的にもそうですけど精神的にしんどくなりそうだと考えたからです。

 

実際にこんなことがありました。

 

融資の申込書類が完成した後に物件が他の方に取られて申し込みをしなかったケース

 

融資を申し込んだ後に、共同経営者ともめて起業をやめたケース

 

時間をかけて資料を作り、ほぼサービスの提供は完了しているのに売上0円は失敗だったと反省しています。

 

いまだに報酬の総額が小さいときに前払い分をもらわなかったり、徹底できていないことがあります。

 

しかし、そういうときに限って報酬が支払われないことがあるのは何故…

フリーランスこそこだわるべき

一人でビジネスをしている人こそどうやって売上代金を回収するか常に考えておくべきだと思います。

 

直接回収するのが難しそうだと感じたら手数料が数%引かれるのがネックですが、カード決済の導入を検討してもいいかもしれません。

 

勤務時代は考えもしなかったのですが、仕事が完了しても意外と報酬を支払ってくれない方はいます。

 

何回連絡しても支払ってくれないときは、最終的には法的措置を検討すべきです。

 

経験しないほうがいいですが、少額訴訟はネタになるかなと思っています。

 

Legal Mall by Verybest ベリーベスト法律事務所がお届けする「使える!役立つ!」法律情報サイト
最新情報をチェックしよう!
広告