ボルダリングをする度にひどい筋肉痛が!初心者が登る時に気をつけるポイントとトレーニンググッズの購入

2時間登るとその日のうちから筋肉痛に

普段はこまめに休憩を取りながら登っているのですが、

 

だいたい2時間も登ると前腕から上腕にかけてひどい筋肉痛になってしまいます。

 

初心者ですし、最近はスポーツも全くしていなかったので仕方がないと思っていたのですが

 

登り方そのものがかなり悪かったみたいです。

 

初心者の方と上級者の方の登り方を見比べると、

 

初心者はホールドにしがみついて腕を曲げた状態で登り、

 

上級者はホールドにぶら下がって腕を伸ばした状態で登っています。

 

腕が曲がっていると筋力を無駄に使ってしまい、

 

腕が伸びていると筋力をできるだけ使わず省エネで登っていけるそうです。

 

YouTubeを見ていると初心者向けに覚えるべきテクニックがたくさん紹介されているのですが、

 

次回以降まずは腕の使い方を意識していこうと思います。

 

広告

 

腕力や握力よりも指の力が大事

上級者を見ているとたいていマッチョな人が多いですが

 

筋トレに励まなくともボルダリングを続けレベルが上がっていけば自然と筋肉がついていくそうです。

 

筋トレは何度も挫折しているのでそうであってほしい…

 

ただしホールドをしっかりつかむための指の力は初心者のうちから鍛えておいたほうがいいとのこと。

 

とりあえず自宅でもトレーニングできるものをチョイスしました。

 

最新情報をチェックしよう!
広告