納税を前向きにとらえるコツ

経営者にとって税金とは

安心安全な社会システムの維持発展に必要なものだと頭では分かっていても、いざ納付書の金額を見ると「・・・」というのが本心ではないでしょうか。

 

高すぎる。なぜこんなに払わなくてはならないのか。

 

どうせ政治家や公務員に無駄遣いされるだけだ。

 

税金を払っていない人も多いと聞くが、なぜ自分の会社だけ。

 

思うところはたくさんありますが、法律に則って会社経営を行う以上、残念ながら納税から逃れることはできません。

 

節税にも限界がありますし、キャッシュアウトを伴うものがほとんどです。

 

そうであれば、納税に心を乱されない方が経営はうまく行きます。

 

会社への愛情がヒントになるかも

会社は利益を栄養源としています。

 

利益を与えなければ会社は弱り、最後は死んでしまいます。

 

経営者にとって自分の会社はかけがえのない存在ですので、絶対に死なせたくないはずです。

 

人間が生きていくには食糧が必要なように、会社も利益無くしては生きられないことを理解してください。

 

また、利益は会社を成長させてくれます。

 

利益を与えれば与えるほど、会社は大きく健康に育ちます。

 

会社の健康度合は貸借対照表の自己資本

自己資本とは、資本金と累積利益の合計額で、自己資本が多い方が健康です。

 

資本金1円で生まれてくる会社もあれば1億円の会社もあります。

 

生まれながらに持つ会社の基礎体力は違いますが、利益という栄養素を与えることで体力は強化できます。

 

全ての経営者が、自社を大きく健康に育てたいと考えているはずですが、実際には最低限の利益しか会社に与えない方も多くおられます。

 

利益が増えるほど税額も増えることが理由のひとつです。

 

本当は大きな利益を上げるポテンシャルを持っていても、利益の大きさよりも税額の大きさの方が気になってしまい、利益を最小限にとどめようとしてしまいます。

 

頑張って稼いだお金が、年に1回、納税のために半分近く減ってしまう喪失感は言葉に出来ません。

 

利益をあげようという意欲すら失いかねない衝撃です。

 

しかし、経営者として会社を守り抜くという強いメンタルを維持するためにも、税金を払いたくないという感情は横に置き、かけがえのない自分の会社に利益を与えられる喜びの方に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

最新情報をチェックしよう!
広告