現金で支払った経費をfreeeに登録する方法

  • 2015年4月16日
  • 2018年7月8日
  • freee

現金払いの経費は非自動化

freeeには自動同期機能があり

預金などは自動で取り込んでくれるのですが、

現金で支払った経費については

自分で入力する必要があります。

 

直接取引きを入力する、

Excelで作ったデータを取り込む

という方法もあるのですが、

freeeのスマホアプリを使っても登録できます。

 

アプリはiPhone、Androidともに提供されています。

 

スクリーンショット 2015-04-16 11.00.28

アプリのカメラアップロード

アプリをダウンロードしてアップロードをタップします。

 

IMG_0239

 

カメラに切り替わりますのでレシートを撮影します。

 

IMG_0237

 

このようにレシートの内容がわかる形で

撮影できたら保存します。

 

IMG_0238

 

アプリでも仕訳を登録することはできますが、

今回はPCから登録しました。

 

取引からファイルボックスを選択。

 

スクリーンショット 2015-04-16 10.55.09

 

アップロードされたレシートの中から

先ほど取り込んだ未登録のものをクリックします。

 

スクリーンショット 2015-04-16 11.02.11

 

正確に撮影ができていたら

必須項目の取引日と金額は

当初から入力された状態になります。

 

勘定科目などを追加で入力し登録すれば完了です。

 

スクリーンショット 2015-04-16 11.03.06

 

原本をお預かりすると紛失のリスクもありますので、

細かい経費のレシートについては

少し手間はかかりますがこの方法をお勧めしています。

最新情報をチェックしよう!
広告