寝屋川市で防災グッズを買うなら市役所から補助金をもらおう

寝屋川市では、平成29年から大阪府内初となる防災グッズ購入に対する補助を行っています。

 

防災グッズは少し持っていますが、保存食が家に全くないので利用できないかと思い、いろいろ調べてみました。

 

地震や大雨など大きな災害の直後ということもあり、防災グッズに興味がある方はぜひ申し込んでみてください。

 

この記事を読んでほしい人
  • 寝屋川市に住んでいる人
  • 家庭の防災対策に興味がある人
  • 防災対策を全くやっていない人

 

この記事を読んでわかること
  • 補助金の申請の仕方
  • 対象となる防災グッズについて
  • 寝屋川市の取り組み

 

寝屋川の税理士空閑Blog

今だからこそ自宅に置いておくべき防災グッズのセットについて、おススメのものを紹介しています。最低1個、できれば家族一人に1個は用意しておいたほうがいいと思います。[…]

 

寝屋川市防災グッズ補助金の内容

正式名称は、寝屋川市家庭用防災用品購入補助金と言います。

 

この記事では、わかりやすいように防災グッズ補助金と書きます。

 

平成29年から始まった取り組みで、昨年は想定申込件数2,000に対して3,576件もの申し込みがありました。

 

当初予算では対応できなくなり、補正予算を組んで補助金の支給を行うくらいの人気ぶり。

 

寝屋川市のHPを見ただけでは、今年どれくらいの予算を組んでいるのかはわかりませんでした。

 

ただ、申し込みが多いことは想定していると思いますので、補助がされないということはないでしょう。

補助対象者

補助の対象となるのは、平成30年7月1日時点で、寝屋川市に住民登録をしている世帯主です。

 

7月1日以降に寝屋川市に引っ越してきた方や、7月1日までに住民票を移していない方は、残念ながら対象外。

申請期間・購入期間

申請ができるのは、平成30年8月1日から9月28日までです。

 

1日でも過ぎると申請できなくなるので、できるだけ早めに申請しましょう。

 

対象となる商品の購入期間は、平成30年6月18日から9月28日です。

 

先月の大阪北部地震を受け、購入期間は当初の7月1日スタートから変更となっています。

補助金額

補助してもらえる金額は、防災グッズ購入費の2分の1まで、上限は一世帯1万円です。

 

2万円分の防災グッズを買うと、1万円の補助金が支給されます。

 

家族全員分の防災グッズを用意するとなると、結構な出費になるので、1万円でもありがたいですよね。

寝屋川市の防災グッズ補助金に申し込む方法

手順は、昨年と変わっています。

 

平成29年は、先に補助の申請をする必要がありました。

 

平成30年分は、防災グッズを購入してから申請することになります。

 

申し込みの流れ

  1. 補助の対象となる商品を購入
  2. 補助金交付申請書を作成
  3. 申請書に商品のレシート、領収書を貼付
  4. 必要書類(免許証などの本人確認書類、振込先の通帳)のコピーを貼付
  5. 申請書、必要書類を市役所に郵送または持参

 

申し込みの申請書は、市役所から送られてくる広報ねやがわに挟んでありました。

 

 

もし捨ててしまった場合は、市役所・市の出先機関などに行けば置いてあると思います。

 

寝屋川市のホームページからもダウンロードできます。

 

広告

 

防災グッズ補助金の対象商品

補助の対象となる商品も昨年と少し変わったみたいです。

 

防災セット:次の15用品のうち、3品目以上が含まれているセット商品

  1. 緊急避難時持出袋
  2. 応急手当用品
  3. 口腔ケア用品
  4. 懐中電灯
  5. ブランケット(毛布)
  6. 家庭用簡易トイレ
  7. 使い捨てカイロ
  8. 生理用品
  9. トイレットペーパー
  10. おむつ
  11. 哺乳瓶
  12. 育児用調製粉乳
  13. 防災用ヘルメット
  14. 保存食
  15. 保存水

 

地震対策用品

  1. 家具転倒防止器具
  2. 家具転倒防止板
  3. 転倒防止粘着マット
  4. 感震ブレーカー(取り付け費用も補助の対象)

 

65歳以上の方だけの世帯などに該当すれば、家具転倒防止器具を取り付けるための設置支援を行ってくれます。

 

セットじゃないと対象にならないってのが、補助を受ける側からしたら大きなポイントです。

 

保存食だけ買っても対象にならないということなので。

対象商品が買えるお店

対象商品は、寝屋川市の指定された店舗で買う必要があります。

 

寝屋川市の補助金なんで仕方ないかなと思います。

 

正直、ネット通販不可はつらいですが。

 

ネット通販もOKにしちゃうと、審査する側も大変ですしね。

 

販売店舗 一覧

  • アル・プラザ香里園 日新町5番5号
  • イオンスタイル四條畷 四條畷市砂四丁目3番2号
  • イズミヤ株式会社寝屋川店 早子町23番1-104号
  • イズミヤ株式会社 東寝屋川店 打上元町16番3号
  • 島忠 ホームズ寝屋川店 日新町3番15号
  • スーパービバホーム寝屋川 寝屋南町二丁目22番1号
  • コーナンPRO寝屋川仁和寺店 仁和寺町20番11号
  • ホームセンターコーナン寝屋川昭栄店 昭栄町18番20号
  • ホームセンターコーナン寝屋川仁和寺店 仁和寺町20番11号
  • ホームセンターコーナン東寝屋川店 打上中町9番5号
  • ヴィレジア・ふるき 日之出町5番1号
  • エディオン みうらでんき豊野店 豊野町3番10号
  • 株式会社ヨシムラデンキ 池田東町9番3号
  • たにぐちでんき 清水町26番3号
  • デンカショップ ワタナベ 日之出町18番23号
  • マスダデンキ 東大利町13番15号
  • やぎでんき 大利町11番31号
  • 有限会社フィールド 御幸東町39番8号

 

広告

 

補助金の申請書

申請書に記載する内容は、ぜんぜん難しくありません。

 

申請者の住所、氏名、購入した商品の内容、補助金を振り込んでもらう銀行口座などを記載するだけで完了です。

 

記載例を読みながら書けば、すぐ終わると思います。

 

 

イズミヤ寝屋川店に売っていた物

家の近くのイズミヤ寝屋川店を偵察してきました。

 

全ての売り場をまわってみたつもりですが、発見できたのは4階の売り場にあったワゴン2台だけ…

 

 

9点セットの内容は、

  • 非常持出袋
  • ハロゲン防水ライト(点灯確認用電池付)
  • アルミ製ホイッスル
  • レジャーシート
  • タオル
  • 救急ばんそうこう
  • ゴミ袋
  • 軍手(すべり止め付)
  • 不織布マスク

 

必要なものは入ってるんでしょうけど、見た目などいけてない感じです。

 

あとは地震対策用品が少し。

 

 

食品売り場は2周したんですけど、なにも発見できず。

 

我が家で一番必要としている保存食を含むセットは、残念なことに売っていないようでした。

 

イズミヤ寝屋川店は、ぜんぜん気合入っていないみたいです。

 

広告

 

補助金はあきらめて楽天で注文

自分が納得できるものがほしいと思い、楽天市場を探しているとこんなものを見つけました。

 

 

 

1万円以上しますが、楽天で売れまくっているみたいです。

 

イズミヤで売っていたものと比べると充実度が全然違います。

 

少しですが保存食も。

 

防災セット 一覧

  • 7年保存米 3袋
  • 尾西食品ライスクッキー
  • 長期保存野菜ジュース
  • 7年保存水 3本
  • からだふきシート
  • マスク
  • 蓄光ホイッスル
  • レインコート
  • ウォーターバッグ
  • 軍手
  • テスト用単三電池
  • 救急8点セット
  • 目かくしポンチョ
  • 簡易トイレ3回分
  • レスキュー寝ぶくろ
  • ハイブリッドレスキューシート
  • 防災用エアーマット
  • 高輝度調光ランタン
  • 多機能ダイナモラジオライト
  • 上記が全て入るリュックサック

 

多機能ダイナモラジオライトだけでも持っておく価値はありそうです。

 

電気を貯めることができて、スマホに充電もできるのは本当に災害があったときにめっちゃ役に立つと思います。

 

二人用も売っていましたが、一人用を2つ買うよりお得です。

 

 

 

楽天で一番売れているだけあっていい商品なのは確実ですが、売れすぎているため発送まで90日かかるのがネックです。

 

寝屋川の税理士空閑Blog

今だからこそ自宅に置いておくべき防災グッズのセットについて、おススメのものを紹介しています。最低1個、できれば家族一人に1個は用意しておいたほうがいいと思います。[…]

まとめ

現状では、単品の商品を買うには向いていない補助金となっています。

 

ただ、お店によってはいいセットが置いてあると思うので、近くの店舗を確認してみることをおススメします。

 

あと地震対策用品は、セットしばりがないので結構使えるのではないでしょうか。

 

必要なのはわかっていても、なかなか防水グッズなどを買う気にならないと思います。

 

せっかくの補助金なので賢く使って、必要なものを買いそろえましょう。

 

寝屋川の税理士空閑Blog

今だからこそ自宅に置いておくべき防災グッズのセットについて、おススメのものを紹介しています。最低1個、できれば家族一人に1個は用意しておいたほうがいいと思います。[…]

最新情報をチェックしよう!
広告